葬儀の流れ

葬儀は短い時間の中で、きめるべき事が多数ございます。
ご臨終を告げられてから、葬儀後のお手続きまで一般的なご葬儀の流れです。

1.ご臨終
ご家族やご友人が、お亡くなりになられた際はお電話ください。
24時間365日、昼夜を問わずにご対応いたしております。
葬祭ディレクターがサポートいたします。






  • 医師による死亡確認後、死亡診断書発行
  • 主な親戚へ連絡
2.お迎え
ご指定の場所に、迅速にお迎えに参ります。




3.ご安置
病院や施設から、ご希望の場所
(ご自宅や葬儀場、斎場などの専門の施設)へご安置いたします。
4.お打合せ
じっくりお話を伺い、詳細にお見積もりいたします。
不幸があったらすぐに菩提寺に連絡し、葬儀の相談をします。
葬儀の日程や内容、予算の事も考えながら
一つ一つ具体的に決めていきましょう。
5.ご納棺
個人様ご愛用の品も、ご一緒に納棺させていただきます。
ご納棺は亡くなられた方をお棺へ納める大切な儀式です。

通夜式の前にご親族にお集まりいただいて、
故人さまの「旅支度」に立ち会います。仏教では白装束を身に着けます。


6.お通夜
お通夜は、ご遺族や近親者たちが、亡くなられた方との
別れを惜しみながら、一緒に過ごす最後の時間です。

昔は、ご遺体に邪霊が侵入するのを防ぐといった意味から、
夜通し、亡くなられた方に寝ずに付き添っていたものでした。
しかし、最近では、会は夜の7時、冬は6時くらいから弔問客を迎え、
1~2時間程度営むケースが多くなっています。
また、閉式をした後は、
通夜ぶるまいのお席で会葬者の方々とお食事します。

7.葬儀・告別式
故人様の冥福を祈り、最期のお別れをする儀式です。
通常、通夜式翌日に行います。



8.火葬
火葬後、近親者にて骨上げ(収骨)をしていただきます。

9.初七日法要
故人がなくなった日から数えて7日目に行う法要です。
最近では葬儀の当日に、葬儀に続いて執り行うか、遺骨迎えの法要と併せて、
繰上げ初七日として行うことが多くなりました。

10.ご帰宅
ご自宅に後飾り祭壇を設置し、
ご遺骨、白木位牌、遺影を安置いたします。