法要日程

法要事
故人への感謝をこめて 亡き人を思い、その恩をしのぶことは、毎日の精神的営みとして、だれでもできる事です。
故人に対する思いを、期日を区切って具体化するのが、これらの行事です。
  • 仏式では、7日ごとに故人を供養するのが、決まり事になっています。
  • 初七日は、葬儀当日に行う事が多くなりました。
  • 命日の前の休日等に合わせて、法要の日を多少変えてもかまいませんが、きめられた日より遅くなってはいけません。
仏式法要日程表
故人の亡くなられた年月日(命日)を、
西暦か和暦で入力し「日程用計算」ボタンを押してください。
命日入力
命日
法要日程表
法要名 時期 法要年月
命日 亡くなられた日
初七日忌 7日目
二七日忌 14日目
三七日忌 21日目
四七日忌 28日目
五七日忌(三十五日忌) 35日目
六七日忌 42日目
七七日忌(四十九日忌) 49日目(忌明け)
百か日忌 100日目
一周忌 満1年目
三回忌 満2年目
七回忌 満6年目
十三回忌 満12年目
十七回忌 満16年目
二十三回忌 満22年目
二十七回忌 満26年目
三十三回忌 満32年目(忌い上げ)
三十七回忌 満36年目
五十回忌 満49年目
 
法要・仏事・おつきあいリスト
しなければならない事 いつ 備考
お世話になった方へのご挨拶 葬儀の翌日か翌々日に ご近所やお手伝いくださった方への
ご挨拶は、できるだけ喪主様ご自身で
支払いや返却 出来るだけ早めに 病院や近所のお店への支払いは請求書が届いたら内容を確認して行いましょう
勤務先の整理など 出来るだけ早い時期に 挨拶を兼ねて私物の整理を行います
又、自宅にある会社関係のものは返却しましょう
遺産整理と形見分け 形見分けの品物は忌明け法要の時にお渡しします 日記・手紙などは必要になる事もあるので、
年の為保存しておきましょう
忌明け法要の準備 忌明け日かそれより前の、集まりやすい日を選びます 日時が決まり次第、招待状に案内状を出します
位牌・仏壇の準備 位牌は忌明けまでに準備しておきましょう 仏壇を購入する必要があれば、法要までに購入して開眼法要も営みましょう
忌明け法要 忌明け日(死亡日から四十九日、三十五日の場合)までに 忌明け後に香典返しを贈ります
納骨 忌明け法要と併せて行う事が多いようです お墓が無い場合は、お墓ができてから行います
一周忌法要 故人の命日かそれより以前の、集まりやすい日を選びます 一周忌までは親戚や近親者だけでなく、故人の友人・知人なども招待しましょう
お彼岸 春分の日、秋分の日を中心に前後合わせて七日間をいいます 決まり事ではありませんが、仏壇を綺麗にし、お墓参りなど
新盆 一般に八月十三日から十六日までをお盆といいます 地域によっては七月に行うところもあります
喪中はがきの準備 十一月下旬から十二月初めまでに出します 年賀状のやり取りのある方に出します